シロアリの羽アリを数匹見つけたという方もいるかもしれません。
大量に飛んでいたら、それだけで緊急性が分かるかもしれませんが、時には「1、2匹」という場合もあるかもしれません。

シロアリくん
「シロアリを1匹見つけた」
「1匹だから問題ないでしょう」
こんなセリフを聞いたことがあるかな?

 

非常に残念ですが、シロアリは1匹発見されたなら、3万匹は生息していると言われています。つまり発見できたのは、3万匹いる中のたった1匹という事です。

シロアリの生息を自分で調査することは、とても重要です。

仮にシロアリを見つけてしまった場合、シロアリ被害を自分でどのように調査できるのでしょうか?

ここではシロアリ被害のセルフチェック方法をご紹介します。 

シロアリ被害を自分で調査する方法

 

最初に重要な点を確認しておきます。これから紹介する方法は、あくまで簡易的なシロアリ調査方法であるため、1匹でもシロアリを発見したのであれば、早めに駆除業者に依頼するようにしてください。

重要!
プロのシロアリ駆除業者でも、シロアリの生息調査については無料で行ってくれます。
遠慮せずにすぐに相談される事をおすすめします。

 

では、引き続き自分でできるシロアリ被害チェック項目を見ていきましょう。

カテゴリーは全部で4つあります。

  • 住宅の周囲の環境
  • 住宅の構造
  • 部屋の状況
  • マイホームメンテナンス状況

 

シロアリ生息調査チェック15項目

カテゴリー1:住宅の周囲の環境

 

家の周辺や屋内で羽アリが飛んでいた
庭や付近に池がある

 

カテゴリー2:住宅の構造

 

自宅を歩いていると床からギシギシ音が聞こえる
柱を叩いてみると乾いた音がする
床下に不要な木材や木屑を置きっぱなし
建物の外壁や基礎に亀裂が生じている
屋根が波立っている
住宅の基礎や土台に土砂などが乗っている
住宅の木材付近に白い砂のようなものがある

 

カテゴリー3:部屋の状況

 

部屋の中まで屋根から水漏れがある
床下に湿気が溜まっている気がする
部屋の温度が1年を通じて高め
通気性が悪く部屋全体の湿度が高い

カテゴリー4:住宅のメンテナンス

 

前回のシロアリ駆除が5年以上も前
自宅周辺の住宅でシロアリ駆除を行っていた

 

ここまでで15項目のシロアリ被害の調査ポイントが終わりです。該当した項目の数はいくつだったでしょうか?

これから確認していきましょう。該当した項目数から選んでください。

 

該当項目が1~2個

15項目の中で、1~2個しか該当しなかった方は、ご安心ください。

現状
現時点ではマイホームにシロアリが生息している可能性は低いと思われます。もちろん可能性が低いという事なので、絶対にいないというわけではありません。とはいえ、一安心できるのではないでしょうか?
今後の対策
しかしもし5年以上シロアリ予防を行っていないのであれば、シロアリ業者に調査してもらうのも良い方法です。シロアリ駆除のポイントは、発生する前に予防する事。
早期警戒が白蟻対策の基本です。 

 

該当項目が3~4個

 

3~4個の項目に該当した方は「要注意」の状態と言えます。
現状
皆さんのマイホームに、シロアリが迫っている状態です。すでにシロアリが発生しているとは言い切れませんが、早めのシロアリ調査が必要です。
しばらく時間が経過した後に、該当している項目が増えていないか、常に確認をしてください。おすすめの対策

おすすめは、シロアリ駆除業者の「無料現地調査」を利用してみる事です。自分では確認できないような床下にシロアリが潜んでいる可能性も否定できません。気軽に相談できるのは「信頼できるシロアリ駆除の資格を所有している業者」です。

 

該当項目が5個以上

5個以上の項目に該当してしまった方は、残念ながら「非常に危険な状態」であると言えます。
現状

すでにシロアリは、皆さんの大切なマイホームに被害をもたらしている可能性が高いです。
すでに被害が始まっているのであれば、早急に被害拡大を食い止める必要があります。仮に放っておくと、「住宅の基礎」「重要な柱」「壁」に深刻な被害が及び、補修費用が高額になる可能性があります。おすすめの対策一般の方が対策できる範疇を超えています。すでに被害が出ている可能性が高いので、シロアリ駆除だけで済む状態なのかを判断しなければなりません。少しでも早くシロアリ駆除業者に連絡して、「無料現地調査」を受けるようにしてください。補修が必要がどうかも、プロの駆除業者が判断してくれます。

 シロアリ被害を自分でも調査する方法のまとめ

 

シロアリは、1匹いれば3万匹は生息していると言われており、すでに目視できてしまったという事は、早急に対策をする必要があります。

しかし焦ってシロアリ駆除業者を選ばないようにしましょう。まずは15項目をチェックして、被害状況を調査してください。

今すぐにシロアリ被害を拡大させないための対策は、プロのシロアリ駆除業者に依頼する事です。

ポイントは、「全国展開しているシロアリ駆除業者」と「地元の駆除業者」のどちらにも「無料現地調査」を依頼して、比較検討してから正式に依頼するようにしてください。

こちらでおすすめしている「全国展開しているシロアリ駆除業者」は「シロアリ110番」です。

まずは落ち着いて、シロアリ駆除業者に連絡するようにしてください。

 

おすすめの記事